交通事故専門弁護士の強みと選び方のポイント

1 そもそも交通事故専門弁護士とは

弁護士業界で交通事故専門弁護士、という単語が一般的に使われているわけではありません。
交通事故に強い弁護士、という意味では、保険会社の顧問弁護士がその筆頭に挙げられるでしょう。
つまりは、数多くある法律事務所の中で、交通事故案件を数多く扱い、
その経験が多い弁護士であれば、訴訟、あるいは訴訟に至らない事件であってもその引き出しが多く、
色々な事案に適切に対応できるスキルを持っている弁護士が交通事故専門弁護士、ということになるのでしょう。

 

2 情報収集をどのようにするか〜テレビCMは信用しない方が良い〜

弁護士業界は中々情報を得にくい業界です。
東京ならまだしも、地方に行ってしまうと、法律事務所のホームページすら存在しない事務所が少なくありません。
まずは、知り合いに弁護士がいないかを当たってみましょう。ある程度の年数、
弁護士としての経験を積んでいくと業界内の評判というものが徐々にわかってきます。
少なくとも、この事務所はだめだ、ということは分かるはずです。

 

一見、テレビCMをやっているような事務所は知名度が高く、
業界の中での信用度も高いと思われがちですが、それは大きな勘違い、と評価するのが業界内での評判です。

 

つまり、テレビCMを打つような事務所にはそれだけ莫大な広告宣伝費がかかっています。
伝統のある、あるいはしっかり固定客のついている事務所はこのような宣伝をうつまでもない、ということになるのです。
広告宣伝費がかかっている分、事務所の経営は当たり前ですが厳しくなります。
そこで、依頼者から確実にお金をとろうとします。
お金がかかることと弁護士としてのサービスが比例するとも限りません。
評判の悪い事務所では、お客対応は事務員任せ、等というところもあるようです。
また、事務所の規模が大きいからといって、優秀な弁護士が集まるとは限りません。

 

3 知り合いに弁護士がいなかったらどうするか〜インターネットは使える?〜

インターネットでの情報収集について、まず事務所のホームページはあまりあてにはならないでしょう。
基本的にどの事務所であっても「交通事故」は取扱い分野に書かれています。
一部、書かれていない事務所はむしろ誠実な事務所であり、
企業法務等、基本的に交通事故等は受けませんよ、という意思表示と受け取るべきです。

 

弁護士.comのような口コミサイトは口コミの件数がある程度多いのであれば信用できる可能性が高くなるといえます。
また、このような口コミサイトで集客をしている事務所の場合、初回相談無料、というところも少なくありません。
まずは、無料の相談に行き、その弁護士との相性などを確かめてみるのもいいかもしれません。

 

弁護士には一人ひとり登録番号が振られています。
日本弁護士連合会のホームページで名前を検索することができ、そこで登録番号も分かります。
登録番号が若い弁護士(今であれば50000番以上の弁護士)であれば、
若手(登録3年目いないといったところでしょう。)となりますので、
経験値を重視するのであれば、これも一つの指標にはなるでしょう。

 

4 法テラスを活用する

資力要件はありますが、法テラスの無料相談を使うのも一つの手といえます。

 

この手段は、インターネットで予約をし、指定された日時に法テラスの事務所で得弁護士に相談をする(通常一回30分)、というものです。
この場合、依頼者側から弁護士を指名することはできません。
なので、どの弁護士に当たるか、運任せの面があることは否めませんが、
無料相談を、しかも依頼者の方が悩まずに受けられる、という意味では非常にメリットが大きいといえます。
名刺をもらえたりもするので、帰宅後、情報収集を行い、正式に依頼するかきめるのもよいでしょう。